学童期に受けた性犯罪、どう向き合えばいい

受けたそのとき、魂が死に、時間が止まる

子供のころに「悪質な性的イタズラ」をうけた、という方からのご相談。鍼灸師・若林理砂のメールマガジン「鍼灸師が教える一人でできる養生法」からお送りします(写真;honey / PIXTA)
ここはスナック。お酒も出せば葛根湯のお湯割りも出す、夜の社交場。人生の酸いも甘いもかみ分けた、鍼灸師りさママがいろんなお悩み、ばっさばっさ切り飛ばすわよ。 ……あら、いらっしゃーい♪ お二人連れね。今日はどんなお悩み?

 

【ご相談】

りさママの思うことを聞いてみたいです。そしてコレを読む方にも考えてほしいと思いました。私は、子供のころに「悪質な性的イタズラ」をうけました。いままでこの話は、誰にも家族にもしたことがありません。

いまネットを見ているとやはり性的な犯罪は絶えず起こり、またその被害者が言われない悪意を向けられています。意味のない創作の規制の動きなども。そうしたことについて考えてほしいです。

子どもたちが同じ目にあうのは悲しい

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

私は、性被害を人に知られることなく、男性を忌避することもなく、趣味に楽しく過ごしています。それは誰からも性被害者であるところを知られていないので、いわれない悪意を向けられることもなく、オタク趣味で楽しく過ごせる友人ができたからだと思っています。漫画やアニメ、小説から多くのことも学びました。なので今の流れが疑問でしかありません。

ずっと誰にも言わず、このままでいようかと思っていたのですが、友人が子供を持つようになり、その子供たちが同じ目にあうのは悲しいです。被害にあったときに悲しい思いをしてほしくないです。そして自由に本やアニメに触れてほしいです。

私も、多くの女性と同じく何度か痴漢などにはあっていますが、もっとも悪質な被害は、小学校高学年のときです。20代から30代の男性に道案内をたのまれ人通りのない場所で、下着をおろされ恥部を触られたことです。

当時、二次性徴もなく、やせすぎのチビでした。ださい長ズボンをはいた、クラスでもいじめられる陰気な子供です。私は足も遅く、相手は車でした。通りに大人の姿もない。なにより怖かったので逃げることもできませんでした。

次ページ今まで誰にも話さなかった理由
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。