学童期に受けた性犯罪、どう向き合えばいい

受けたそのとき、魂が死に、時間が止まる

実は、自転車で走っていたのですが、幅寄せしてくる車に阻まれて止められたのです。まさかそんな事とは思っていなかったため、後ろからくる車に幅が狭い箇所を前に徐行したために止められてしまったのです。

その異常な止め方に恐怖しかなく、逃げた方が怖いことが起こるような気持ちでした。車の中から、近くの施設を案内してくれというので、口で道案内をしたのですが、一緒に行ってくれと言われ、細い道に差し掛かったところでの行為です。触るだけで解放されましたが、気持ち悪さと怖さしかありません。

もともと元気な子供でもありませんから、沈んでいたところで気が付かれなかったのか、両親とも忙しい人だったので、気が付かなかったのか。解放されてからのことは、正直覚えていません。

誰にも言えませんでした。言っても、当時の自分が慰められたとは思いません。このことを誰かに話したら、きっともっと傷ついたと思います。

オタク趣味なんかほっといて、性犯罪について考えて

同情されたり、たいしたことじゃないと言われたり、あんたにスキがあったんじゃないか、オマエも悪いんじゃないか。なんで逃げなかったんだ。そう言われるんじゃないか。今も怖いです。なぜ自分だったのかは、単に弱い個体がそこにいたからとしか思えません。

とにかく、今日までなかったことにして生きてきました。時々、フラッシュバックしますが、思い出さないように生きてきました。誰にも言わなかったことで、中学、高校は男女関係なく友達ができています。エロ漫画やゲームもも見ました。オタクですので、わりとひどいものも見ています。幼女が犯されるようなものも見ました。そんなものまったく傷つきません。

いまでも思うのは、私を触った犯罪者が、はじめから存在しなければよかったのに。同じような犯罪者が、存在しなければいいのに。犯罪を犯す彼らが、エロ創作を見てようが見てまいが関係ないです。どちらかと言うと、私の男友達はエロ創作みてましたし、一緒に見てたぐらいですよ。

彼らのおかげで、私は男性が怖くありません。多くのことを教えてくれた大切な友人たちです。オタク趣味に救われたのが実際です。

お願いです。性被害者のことを考えてください。オタク趣味なんかほっといて、性犯罪について考えてください。

次ページりさママからのコメントは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。