粘る74歳、サンダース「熱狂的選挙」の舞台裏

ロスで12時間密着取材して分かったこと

子供とのツーショットは一番絵になるため、CNNやFOXなどのTVカメラがサンダースの周りに殺到。さらに携帯でセルフィー写真を撮ろうとする一般人らが追っかけ、シークレットサービスがブロックするという阿鼻叫喚が繰り広げられた。

オルベリオ・メヒアさん

「頼むよ、バーニー!カリフォルニアを何とかしてくれ」という声が住民から飛び、手を挙げて歓声に応えると、サンダースは再び黒塗りの車に乗り込んだ。ヒスパニック系住民とのタウンホールミーティング会場に着くと、数百人のメキシコ系や中南米系の移民たちが待ち構えていた。

34年前エルサルバドルから移民してきたオルベリオ・メヒア(51)は「違法移民を大量に強制送還したオバマには失望している。中米からの移民の多くは、暴力から逃げて政治的にも追われて、仕方なく米国に逃げて来ているのに」。

「違法移民を強制送還して、家族を引き裂くようなことはしない」と語るサンダースを支持する彼は「クリントンも移民法改正を訴えているけど、彼女はイラク戦争に賛成票を投じた過去があるから、他国と戦争したり、シリアを爆撃するのに抵抗がない。それでは敵を作り続けるだけだ」と語る。

言論の自由はどこへ?ボランティアの発言を禁止

サンダースのトランプ批判はこのタウンホールで最高潮に達した。「私の父はポーランドからこの国に移民してきたし、英語も全く話せなかった。人種差別を広め、メキシコ人を侮辱し、イスラム教徒を侮辱するようなトランプとは断固戦う覚悟だ」。

ヒスパニック系の住民とのタウンホールミーティング

会場でボランティアとして働いていたエレナ・ガルシアもオバマ政権に失望したひとりだという。「オバマは闘う意欲も意思もなくした。過去40年以上、貧しい労働者のために闘ってきたサンダースなら、実績がある分、今後もずっと闘うと信じられる」。

彼女はそれだけ言うと「これ以上話すとまずいから」と言った。理由を聞くと、サンダース陣営のスタッフから、ボランティアはマスコミにコメントしないように、とお達しがでているという。

「言論の自由は憲法で定められている権利なのに、おかしいと思うけど」と彼女は付け加えた。「ボランティアはメディアに何も話すな」という箝口令。これは4年前のオバマの再選時の選挙運動でも全く同じだった。ボランティア個人のコメントを取ろうとすると「個人の意見を言うことは禁じられているから」という答えが返ってくるのだ。

一方、共和党の選挙キャンペーンを取材していて、ボランティアが発言を制限され、発言NGだったことは、今まで一度もなかった。最もリベラルで左寄りとされるサンダース陣営が、こんな箝口令を敷くという所が、選挙というものの理想と現実の乖離を物語る。

サンダースがもし大統領になれば、サンダースのスタッフはそのままホワイトハウスで働くことになる。権力を得るためのレンガ積みはもう始まっているのだ。

次ページイベントのトリは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT