粘る74歳、サンダース「熱狂的選挙」の舞台裏

ロスで12時間密着取材して分かったこと

バーニー・サンダースは若者や移民から絶大な支持を得ている

「サンダースが、記者会見を午前11時30分から開始する。報道陣の入室締め切りは午前11時まで」――。7日のカリフォルニア州予備選が数日後に迫ったある日の朝、こんな内容のメールが届いた。

え?バーニー・サンダースがロサンゼルス市内で、きょう記者会見? しかし時計を見ると、もう午前9時近く。入室締め切りの時間まであと2時間しかない。

全米最大の票田のカリフォルニア州で、民主党の看板候補、ヒラリー・クリントンと激戦を繰り広げているバーモント州の上院議員、バーニー・サンダースの緊急記者会見とあれば、絶対に取材しなければ。

こうして「追っかけ取材」が始まった

記者ノートと、ボイスレコーダーとカメラと、水を入れたプラスチックボトルを鞄に突っ込んで、慌てて車で駆けつける。会見会場のホテルに何とか11時前ギリギリに到着。金属探知機で身体をチェックされ、鞄の中を隅々までライトで照らされる検査を受けて、室内へ入った。

黒いカーテンの前、向かって左には星条旗、右には熊のロゴの入ったカリフォルニア州旗が飾られ、にわか会見場ができていた。

前から3番目の空いている席に座ると、隣はワシントン・ポスト紙の記者。そして後ろにはニューヨーク・タイムズ紙の年配のベテラン記者が座っていた。「今日は何の発表なんですか?」とワシントン・ポスト紙の記者に聞くと「そりゃ、カリフォルニア選の話でしょ」との答え。彼はサンダース陣営と一緒に全米の選挙活動を取材する「トラベリング・プレス」のマークのついた記者証を胸から下げていた。

次ページ分刻みのスケジュール
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。