粘る74歳、サンダース「熱狂的選挙」の舞台裏

ロスで12時間密着取材して分かったこと

LAコロシアムで壇上に上がるサンダース一家

コンサート会場に着くと、すでに1万3000人以上の観衆がサンダースを待っていた。「Bernie or Bust」(バーニーにしか投票しない)というバーニー信者たちも多い。

4人の子供がいて、7人の孫がいる74歳が舞台に登場すると、地響きのような歓声が飛んだ。公立大学学費の無償化、マリファナ合法化、全米の最低時給賃金を15ドルに、ウオール街にもっと税金を課す、など次々に聞き慣れた“バーニー語録”が飛び出す。

スタッフによれば、サンダースは自分で自分のスピーチを書くことが多く、ノートに書いた箇条書きを見ながら、即興で話すことも多いという。演説を聞いていたLA在住のマイケル・ブーマーは「ヒラリーを熱狂的に支持する妹以外、我が家では全員がバーニー支持。妹をバーニー支持者にすることはできなかったけど」と言う。

驚愕のエネルギー

闇の中で、サンダースの頭上の聖火台に火が灯った。音楽が流れ、それに合わせて身体を揺するサンダース。74歳の身体のどこに、これだけのエネルギーがあるのか、ただただ驚愕するばかりだ。

LA警察の護衛に囲まれたサンダースの車が、ライトアップされたダウンタウンの街を行く。夕食を取るために、サンダースが寄ったのは「スパニッシュ」という看板がかかる料理屋だった。「トランプよ、これを見ろ!」運転手氏はそう言って、店の写真をスマホで撮影した。

午後10時過ぎ、やっとミニバンがダウンタウンのホテルに到着した。翌日、朝起きると、身体がガチガチに疲れていた。こんな過酷な日々を毎日数カ月も続けてきたのか、サンダース。あと1日、残りはサンフランシスコでの選挙運動を行う。

果たしてカリフォルニアの大票田を制するのはヒラリーなのか、バーニーなのか。7日が運命の日となる。

(敬称略、写真はすべて筆者撮影)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT