ヨーロッパでは、この夏にテロの恐れがある

米国務省が警告

 5月31日、米国務省は夏期に欧州でテロ攻撃が発生するリスクがあるとして、米国民に対し渡航の際に注意するよう警告を発した。写真は軽微にあたる仏特殊部隊。昨年1月撮影。(2016年 ロイター/ Charles Platiau)

[ワシントン 31日 ロイター] - 米国務省は31日、夏期に欧州でテロ攻撃が発生するリスクがあるとして、米国民に対し渡航の際に注意するよう警告を発した。ただ、具体的な攻撃の情報があるわけではないとしている。

国務省は「欧州全域で、主要イベント会場や観光地、レストラン、商業地、交通機関などを標的するテロ攻撃が発生するリスクが存在する」した。

とりわけ、フランスで6月10日─7月10日に開催されるサッカー欧州選手権(UEFA・EURO2016)やポーランドで7月26日─31日に開催されるワールド・ユース・デーなどの大型イベントが攻撃の標的となる可能性を警告した。

渡航警告期間は8月31日まで。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。