ヨーロッパでは、この夏にテロの恐れがある

米国務省が警告

 5月31日、米国務省は夏期に欧州でテロ攻撃が発生するリスクがあるとして、米国民に対し渡航の際に注意するよう警告を発した。写真は軽微にあたる仏特殊部隊。昨年1月撮影。(2016年 ロイター/ Charles Platiau)

[ワシントン 31日 ロイター] - 米国務省は31日、夏期に欧州でテロ攻撃が発生するリスクがあるとして、米国民に対し渡航の際に注意するよう警告を発した。ただ、具体的な攻撃の情報があるわけではないとしている。

国務省は「欧州全域で、主要イベント会場や観光地、レストラン、商業地、交通機関などを標的するテロ攻撃が発生するリスクが存在する」した。

とりわけ、フランスで6月10日─7月10日に開催されるサッカー欧州選手権(UEFA・EURO2016)やポーランドで7月26日─31日に開催されるワールド・ユース・デーなどの大型イベントが攻撃の標的となる可能性を警告した。

渡航警告期間は8月31日まで。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT