ヨーロッパでは、この夏にテロの恐れがある

米国務省が警告

 5月31日、米国務省は夏期に欧州でテロ攻撃が発生するリスクがあるとして、米国民に対し渡航の際に注意するよう警告を発した。写真は軽微にあたる仏特殊部隊。昨年1月撮影。(2016年 ロイター/ Charles Platiau)

[ワシントン 31日 ロイター] - 米国務省は31日、夏期に欧州でテロ攻撃が発生するリスクがあるとして、米国民に対し渡航の際に注意するよう警告を発した。ただ、具体的な攻撃の情報があるわけではないとしている。

国務省は「欧州全域で、主要イベント会場や観光地、レストラン、商業地、交通機関などを標的するテロ攻撃が発生するリスクが存在する」した。

とりわけ、フランスで6月10日─7月10日に開催されるサッカー欧州選手権(UEFA・EURO2016)やポーランドで7月26日─31日に開催されるワールド・ユース・デーなどの大型イベントが攻撃の標的となる可能性を警告した。

渡航警告期間は8月31日まで。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。