ヨーロッパでは、この夏にテロの恐れがある

米国務省が警告

 5月31日、米国務省は夏期に欧州でテロ攻撃が発生するリスクがあるとして、米国民に対し渡航の際に注意するよう警告を発した。写真は軽微にあたる仏特殊部隊。昨年1月撮影。(2016年 ロイター/ Charles Platiau)

[ワシントン 31日 ロイター] - 米国務省は31日、夏期に欧州でテロ攻撃が発生するリスクがあるとして、米国民に対し渡航の際に注意するよう警告を発した。ただ、具体的な攻撃の情報があるわけではないとしている。

国務省は「欧州全域で、主要イベント会場や観光地、レストラン、商業地、交通機関などを標的するテロ攻撃が発生するリスクが存在する」した。

とりわけ、フランスで6月10日─7月10日に開催されるサッカー欧州選手権(UEFA・EURO2016)やポーランドで7月26日─31日に開催されるワールド・ユース・デーなどの大型イベントが攻撃の標的となる可能性を警告した。

渡航警告期間は8月31日まで。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT