鎌倉幕府は何年に成立?正解を言えますか

「1192」「1185」も違う?歴史は「進化」します

今回も「鎌倉幕府」と「源頼朝」についてよく受ける質問に答える形で、「基本事項」を解説しましょう。

鎌倉幕府と源頼朝のおさらい

Q1.まず確認します。鎌倉幕府は確実にありましたよね?

もちろんありました。前回取り上げた「あの『聖徳太子』が教科書から姿を消すワケ」とは違い、鎌倉幕府が実在したことは、『吾妻鏡(あづまかがみ)』その他のたくさんの史料からも疑う余地はありません。幕府の首班として発した頼朝の自筆の文書なども複数、残されています。

幕府は時期によって3カ所に移動していますが、最初は観光名所である現在の鶴岡八幡宮(鎌倉市)のすぐ東側の場所にあったこともわかっています。

Q2.鎌倉幕府は誰が開いたのですか?

源頼朝(みなもとの よりとも)です。鎌倉幕府と同じように、源頼朝ももちろん実在の人物です。ちなみに鶴岡八幡宮を現在の地に遷したのも頼朝です。

Q3.源頼朝って……どんな人物でしたっけ?

平氏とともに、平安時代末期の武家を代表していた源氏の嫡流です。「源平の戦い」で有名な源義経(みなもとの よしつね)は、頼朝の弟です。

Q4.源頼朝は、何をやった人物ですか?

当時、平氏は平清盛らにより絶頂期を迎えていました。その平氏の圧政に対抗して、関東の武士たちと平氏に反旗を翻し、鎌倉を拠点に、これまでなかった「初の武家政権」を確立したのが源頼朝です。

鎌倉幕府は、2度にわたる元の襲来など激動の時代を経たのち、1333年、足利尊氏や新田義貞らによって滅ぼされ、約150年の歴史に幕を下ろします。途中、源氏の将軍は三代で途絶えるものの、幕府自体がこれほど長く続いたのは、頼朝がデザインした「鎌倉幕府という組織」がいかに優れたものだったかを証明しており、この政治モデルは、以降の足利幕府、徳川幕府へと受け継がれていきます。

日本の歴史を語るうえで欠かすことのできない「武家政治」の確固たる礎を築いた人物こそ、源頼朝にほかなりません。

Q5.頼朝の就任した「征夷大将軍」とはどのような役職ですか?

もともとは東北地方の「蝦夷族(えみしぞく)」を討伐するための軍司令官で、必要に応じて任命された臨時の官職(令外官、りょうげのかん)でした。ただし、征夷大将軍は、軍事行動に関する絶大な権限を与えられていたことから、後に「武家のトップ(棟梁)」のような意味をもつようになります。以降、頼朝はじめ武士たちは皆、この位を羨望切望するようになりました。

そして、ここからが「1192つくろう鎌倉幕府」が教科書から消えた、その本題になります。

次ページクイズ、「鎌倉幕府成立」は次の5択のどれ?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT