一人でも安心!取引先訪問の「4つの心得」

多様化する受付、遅刻リスクには要注意

ビルや会社によって受付のスタイルはさまざま。余裕を持って訪問しよう(写真:taro/PIXTA)

入社したての頃の訪問は、先輩や上長についていくだけ。それなりに緊張しますが、後から思えば、実に気楽です。自分の役割は自己紹介。注意を払うべきは、お辞儀の角度、名刺交換、お茶を飲むタイミングぐらいではないでしょうか。アポ取りも、訪問先への道のりも、もしかすると受付まで先輩や上長にお任せです。マナー違反を犯しそうになれば、先輩や上長が合図するなど、さりげなくフォローしてくれます。

しかし、いつかは一人で訪問する時がやってきます。初めての会社、初対面の人、ひょっとしたら取引自体がまだない会社かもしれません。そんな中でのはじめての「独りぼっち訪問」。どんなことに注意を払えばいいのでしょうか。

「遅刻」「身だしなみ」「忘れ物」に注意

心得1 訪問の基本マナーを守る

遅刻しない、身だしなみに気を配る、忘れ物をしない――。新入社員研修などで教わった「訪問」の基本的なマナーはまず守っておきましょう。

もっとも失礼な行為が遅刻。そこで事前に地図で確認、時刻表の確認を念入りにします。それでも道に迷うかもしれなし、電車が遅れるかもしれないので、最低でも15分前には会社につくことを目標にします。

ある営業マンAさんは、新人時代に降りる駅を間違えて大遅刻をしたという苦い経験から、「ベテランになった現在でも、はじめての会社には1時間前に到着している」そうです。会社の近くまで到着したら、資料を確認したりしながら、時間をつぶします。5分前になったら受付で手続きを開始します。時間に関してはここがゴール。5分前に受付ができれば合格です。

次ページ服装で困ったときの鉄則
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT