マッキンゼー男とボスコン女、NPOを創る

新世代リーダー 小沼大地、松島由佳

留職の普及、企業内の活性化、企業を越えた繋がり。その先に二人が描く世界とは、どのようなものだろうか。

小沼さんは即答した。「課題先進国から、課題解決先進国へ」。

少子高齢化、財政難、さまざまな課題が多様化・複雑化し、課題の量は世界トップクラスの日本。2人が描くのは、課題に対しあきらめるのではなく、分野を超えて人間がつながり、「じゃあこうできる」と前向きに解決していく未来図だ。さらに将来、ほかの国が同じ課題を抱えたときに、ノウハウを輸出することができる。それが、「課題解決先進国・日本」のイメージだ。

「そのためにも、NPO・企業・行政の3つのセクターが柱になり、3つの行き来を活発にしていくべきだと考えます。現在留職は企業とNPOをつなげていますが、将来的には行政を加えた3セクター間での留職にも取り組みたい」(小沼さん)

「本流の中の傍流」だからできること

たとえば厚生労働省の人が育児系のNPOで働く、文部科学省の人が学校で教鞭を執るなど、行政の職員にも、社会の現場に出て課題解決の「原体験」を広げていきたいという。その結果、行政がより現場に近い視点を持てるだけでなく、企業とNPOで生み出した新しい価値を拾い上げ、規制を変えたり補助金を出すなど、幅広い役割を担っていける。

「そんな未来が実現するために、一つひとつ丁寧に取り組んでいきたい。クロスフィールズで働く仲間も増え、NPOとしてもこれからが勝負です。個人的には、日本のNPOをもっと盛り上げたいですね。将来人気就職先の上位にNPOが入るように」(松島さん)

進学校、名門大学を卒業した2人。同級生の多くは大企業に進んだ。もし仮に、その流れを本流と呼ぶなら、NPOを起こし奮闘する2人は、その中から生まれてきた傍流かもしれない。

「本流の中の傍流」。だからこそ、異なるセクターを理解し、つなげることができる。クロスフィールズという社名にも投影されている、既存の枠を超えてつながる未来。それが不可能ではないと信じさせてしまう何かを、小沼さんと松島さんは持っている。

(撮影:今井康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT