シンドラー製エレベーター事故の余波

「安全性」で攻めるフジテック

国内と中国への注力で今期業績上振れ

2つの分野への注力の結果、フジテックの業績は堅調に推移している。今2013年3月期については、会社側では売上高1150億円(前期比9.5%増)、営業利益75億円(同39.8%増)とする期初計画を据え置いたまま。ただ、今上期(12年4~9月期)の業績が期初計画を大きく上回ったこともあり、通期でも業績が期初計画より上振れする可能性が高いと、東洋経済では見ている。

フジテックの主力エレベーター「エクシオール」

今上期は、売上高537億円(前年同期比10.3%増)、営業利益36億円(同74.0%増)と大幅増益を達成。期初計画の売上高530億円、営業利益23億円から、それぞれ7億円、13億円上振れた。売上高の4割以上を占める日本で更新・メンテが伸び採算が向上したこと、日本に次ぐ売上規模にある東アジア(中国・香港・韓国・台湾)のうち柱の中国で新設が大きく伸びたこと、北米で新設、更新・メンテとも採算が改善したことが要因だ。

こうした傾向は、下期(12年10月~13年3月期)も大きく変わることはなさそうだ。

中国は懸念材料も

懸念材料は、日中関係悪化と景気減速の影響が心配される中国の動向。内山高一社長は、「今期に関しては受注がほぼ確定しており、影響はなさそう。品質・価格のバランス、安心・安全性を武器に当社は中国で新設のシェアを伸ばしている。中国市場は裾野が広く、特定のお客さんとのつながりもあるので、今後もなるべく悪影響を受けないように努めたい」と語る。

新設がまだまだ見込める中国市場での行方が、フジテックの業績拡大のカギを握っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。