東芝はテレビの赤字など響き増益幅縮小

インフラ部門の強化に舵切る

 

(テレビ事業の赤字が足を引っ張った)

民生が苦戦の一方、インフラは好調――。東芝が発表した今2013年3月期の業績下方修正は、事業の明暗を象徴する内容だった。

13年3月期は、売上高が前期比横ばいの6兆1000億円(期初計画6兆4000億円)、営業利益が前期比28.3%増の2600億円(同3000億円)となる見通し。前期比では増益が見込まれるものの、期初計画(売上高6兆4000億円、営業利益3000億円)には及ばない。

テレビとパソコンが厳しい

足を引っ張ったのが、テレビ事業の赤字だ。「アジアなど新興国では引き続き拡販する」(久保誠・代表執行役専務)としているが、国内市場の急縮小で在庫が膨らんでいる。年末にかけて一段の赤字拡大が見込まれる中、販売計画を従来の1600万台から1300万台に見直した。

パソコンも厳しい。欧州と日本では台数を増やしたが、北米の需要減は深刻だ。コスト削減を徹底することで、影響を最小限に抑えようと対策を進めている。しかし、テレビ事業の悪化が響き、デジタルプロダクツ部門の赤字は避けられそうにない。

次ページ増益は達成できるか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT