“ぶつからない車”を目指すメーカーの事情

先進装備が普及段階に

 

 

脇見などの不注意な運転が原因の衝突事故を機械的に防止する--。自動車メーカーが安全なクルマの究極の姿として目指す“ぶつからない車”を支える新しい技術が、本格的な普及段階を迎えつつある。

三菱自動車は10月25日、新型のSUV(スポーツ多目的車)「アウトランダー」(=タイトル横写真=)を発売した。先代モデルと比較して100kgの軽量化の実現やアイドリングストップ機能の搭載などにより、15~22%程度の燃費向上を実現した。

ただ、この車の最大のウリは環境性能ではない。三菱自として、初めて市販車にオプション設定(9万5000円追加)で導入した先進安全装備「e−Assist(イーアシスト)」である。電波レーダーやカメラを用いて、夜間や雨天時の安全走行をサポート。衝突軽減ブレーキによって、先行車との距離や相対速度を監視し、衝突の危険性が高まると警報や自動ブレーキで衝突を回避する仕組みだ。

トヨタ自動車も10月11日に一部改良した最高級車「レクサスLS」にオプションとして、ミリ波レーダーとステレオカメラを組み合わせた衝突回避システムを初めて導入。輸入車勢では9月28日に独フォルクスワーゲン(VW)が新小型車「up!(アップ)」に衝突回避装置を標準装備した。

 


■トヨタ自動車の「レクサスLS」

 


■フォルクスワーゲンの「up!」

 

国内自動車メーカーでは、富士重工業(車名ブランド・スバル)が、衝突防止機能を備えた安全装備「アイサイト」(オプション価格10万5000円)を、主力車種「レガシィ」「インプレッサ」で業界に先駆けて搭載可能にしていたが、ここへ来て複数の競合メーカーが実用化にこぎつけてきた構図だ。

 

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT