安くても830万円!新型レクサスLS登場

安くても830万円!新型レクサスLS登場

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」。その最上級となるフラッグシップモデル「LS」が一部改良(マイナーチェンジ)して発売された。法人ユースの多いクルマだが、スポーツタイプも設定することで個人ユーザーの底上げを図る狙いだ。

今回の一部改良ではスポーティグレード「F SPORT」の車種を追加した。専用のチューニングを施したトランスミッションやサスペンション、19インチの鍛造アルミホイールを採用したのが特徴だ。

「これまで(LSは)約5~6割が個人で残りは法人向けというイメージだったが、今回のスポーツタイプの投入で個人ユーザーを増やしたい」と大原一夫・トヨタ常務役員はと語る。走りの楽しさをより多くの個人ユーザーに体感してもらうことで、LSの認知度を向上させる狙いだ。

また、今回の改良ではトヨタ、レクサスブランドを通じ初めて自動ブレーキを搭載した衝突回避支援システムを採用した。近年では富士重工業(車名ブランド・スバル)の「アイ・サイト」をはじめ、マツダや三菱自動車など日系各社が安全装備に力を入れている。

レクサスに搭載するシステムはミリ波レーダーとステレオカメラを組み合わせたもの。自車と対象物の相対速度が時速40キロメートル以下で自動ブレーキが作動する。日系各社の自動ブレーキはおおよそ30キロ以下で自動ブレーキが作動することから、「40キロという数字は最高の数値となる」(トヨタ自動車)。さらに近赤外線投光器で夜間でも歩行者の検知も可能となった。

新型レクサスはLS460シリーズが830万円から、ハイブリッドシステムを搭載するLS600シリーズが1050万円からという価格設定。月販目標は300台としているが、発売前の時点ですでに国内で目標の17倍にあたる約5000台を受注している。2011年(暦年)は国内においてLSシリーズで4100台の販売実績がある。

(又吉 龍吾 =東洋経済オンライン)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT