日立が高さ世界一のエレベーター塔、新興国の超高層ビルに売り込め!

日立が高さ世界一のエレベーター塔、新興国の超高層ビルに売り込め!

高さ世界一のエレベーター研究塔を、日立製作所が茨城県ひたちなか市に建設した。約60億円を投じた「G1タワー」の高さは213.5メートル。

52階建ての新宿住友ビルとほぼ同じで、これまで1位だった韓国の現代エレベーターの施設(205メートル)を抜いた。

日立が推計する2010年の昇降機市場は、国内が1.7万台、中国は23.7万台、東南アジアと中東で4.5万台。成長著しい中国や中東で超高層ビルが増えているため、より高速で大勢の人が乗れるエレベーターの需要が高まっている。

G1では、世界最速となる分速1080メートルの機種の実証実験や、積載重量5トンで分速600メートルの高速・大容量機種の開発を行う。

コンピュータシミュレーションが発達しても「高速走行時の揺れや騒音、気圧変化など実際に乗り心地の検証を行う必要がある」(日立製作所・都市開発システム社の徳永吉宏主任)。制振装置を活用し地震や暴風時の揺れを再現でき、安全面での技術実証も可能になる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。