”チャンバラ”は男子の自然な欲求だ!?

「刀エクササイズ」でスーツの似合う男になる

「男女問わず、チャンバラが好きだったり″刀″に憧れを抱く人が多いのは、日本人のDNAなのかもしれませんね」(たかふじ氏)。

現在、男性クラスに参加するのは、社会に出て運動不足を感じ始めた若年層や、長年蓄積されてきた“メタボ”やストレスを解消したいという40~50代が中心だ。

男女共に一番人気の”型”である「柳」。敵の攻撃を柳のように受け流し、相手の刀を跳ね返して斬り返す「柳返し」の動きにつなげていく

ただ、どの世代の男性もダイエットだけでなく、刀による″打ち合い″に興味津々なのだとか。その点が美しいボディを目指して、ストイックに体を鍛える女性とは若干志向が異なるという。

そのため、男性クラスは75分間のレッスン中、打ち合いである“チャンバラ多め”の構成になっている。

レッスンでは、エクササイズで使うレプリカの軽い刀と、打ち合いで使用する木刀を用意。

サムライになりきってもらうため、衣装用のはかまも貸し出す念の入れようだ。はかまを履くと気分だけでなく、腰がしゃきっと立つのでヒップアップ効果もあるという。足元は裸足だが、持参した″マイ足袋″を履く人もいる。

テレビドラマや映画の時代劇に登場する″立ち回り″は、機敏かつ滑らかな動きで見る者を魅了する。

同様に、「刀エクササイズ」も力任せに刀を振り回すわけではなく、あくまでも姿勢正しく、美しい「型」「立ち回り」を基本としている。

同じ動きを繰り返すのではなく、4種類の型を基本に、上から下、下から上、足を踏み込んだり引いたりと“微妙に異なる動き”を数十分にわたって続けるところが、他のトレーニング法にはない特徴だ。

仮想の敵に斬られないよう、動きは俊敏に

レッスンの前半は、刀を使うストレッチを兼ねた準備運動「腹筋背筋プログラム」から始まる。

真っすぐ刀を斬り下ろす「真っ向斬り」、相手の胴を斬る動きの「胴斬り」、体をひねりながら斜めに斬る「袈裟斬り」「逆袈裟斬り」という4つの型を覚えた後は、そのコンビネーションに入っていく。

のんびりしていたら仮想の敵に斬られてしまうので、動きは俊敏だ。

次ページスーツの着こなしがきれい、と褒められるように
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT