”チャンバラ”は男子の自然な欲求だ!?

「刀エクササイズ」でスーツの似合う男になる

たかふじ氏の言うとおりに打ち合うと、まるで時代劇のワンシーンのような光景が再現される。上手に立ち回りができたコンビは、皆の前で披露してもらい、鑑賞して批評し合うこともある。

「足袋を生まれて初めて買った」という斉藤示郎さん(26歳)は、友人の角田知弘さん(25歳)に誘われて参加するようになった。

「純粋に格好いいなと思ったので続けている。普段からよい姿勢を意識するようになった」(斉藤さん)。「運動不足と飲み過ぎで体が弱っていたとき、ネットでこのエクササイズを知った。前より体調が良くなったと思う」(角田さん)。

クラス内で年長者の中村知香良さん(51歳)は、最近、職場で「スーツの着こなしがきれい」と褒められたという。つねに正しい立ち姿を意識することで、お尻のラインがシャープになったそうだ。

現在、男性クラスは月一開催なので、もちろんレッスンの参加だけで体型が変わることはない。

「ただ運動習慣を築くきっかけにしてもらったり、普段から体幹を意識した姿勢を維持するようになれば、相応の効果はあるだろう」とたかふじ氏は言う。

猫背のサムライはいない

このレッスンでは背中を締めながら、つねに正しい姿勢をキープする。

だから「日常生活であまり使わない背中の筋肉に、鍛えた成果が真っ先に表れる。脊柱起立筋や背筋の深層にある回旋筋などが鍛えられ、すっきりとした背中になる」(たかふじ氏)。

斬る瞬間はお腹にぐっと力を入れるので、それにより下腹部も引き締まる。足をさっと踏み込んで止めるので、大腿四頭筋やヒラメ筋といった下半身の筋肉も同様に鍛えられる。

下半身の筋力アップに成功すれば、基礎代謝が上がるので、そのまま運動を続ければ、太りにくい体になるのも夢ではない。

ただレッスン中は、「ビール腹を何とかしよう」などとは考えない。鏡の中の自分を見て「おっ、なかなか格好いいな」と思いながら、イメージした敵を何百何千回と斬っていくのみだ。

「猫背のサムライはいないはず。はかまが似合うようなビシッとした姿勢で、仮想の敵をバッサバッサと斬り倒していく。“格好よくキマった!”と思えることがいちばんのトレーニングです」(たかふじ氏)

……と、このようにたかふじ氏が解説している間にも、スタジオではチャンバラ男子たちによる新たな戦いが始まっていた。

 

刀エクササイズ
東京都目黒区大橋1-7-4久保ビルB1F(スタジオ池尻)
TEL:03-6415-8041
※男性クラスは月1回(3500円、要問合せ)

 

 

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。