週刊文春は「スクープ量産」の好循環に入った

「文春リークス」には情報提供が続々

新谷:結果的にハニートラップの抑止力にもなると思うんですよね。芸人仲間に感謝されるんじゃないですか?

木本:ちょっと正義の味方ですよね。ホントにいま多いですからね。イメージ的に妻帯者で、女遊びをしていない人にきているみたいです。

新谷:それで、2ショットを撮ったりして、メールの文面も揃ったパッケージで、あるとき文春リークスにくるわけですよ。「実はワタシ、木本さんと……」。

木本:怖いですね。

新谷:証拠はありますか? と聞くと、「その時に撮った写真と、メールのやり取りはありますけど」と、こうくるわけです。木本さんホントに大丈夫ですか?

木本:いやいや、僕は大丈夫ですけどね。他の芸人でトラップにかかっている人もいると思うんですよ。だっていや、ほんとにうまいこと写真送ってくるんですよ。ちょっと行きたくなるようなヤツを。

文春は秘密警察ではありません!

木本武宏(きもと たけひろ)/1971年大阪府生まれ。1990年木下隆行とお笑いコンビTKOを結成しツッコミを担当。2006年、東京へ本格的進出。S−1バトル優勝、キングオブコント総合3位などの受賞歴がある。ライザップで肉体改造に成功し、テレビドラマやバラエティなど、ピンでも活躍中

新谷:ただ、いまの話で気をつけなければいけないのは、うちが秘密警察のように思われてはいけないということなんです。それではダメなんですよ。

木本:正義の味方を気取ることはしないと。

新谷:そういう、売れたい、有名になりたいという思いでやる女の子を「けしからん」と言うのではなく、ひとつのリアルな世の中のありようを、いいとか悪いとかでなく、こんなことが起こっていますよという、世の中の一断面として見せたいんですよね。

木本:売名行為を断罪するのとは違う形で見せると。

新谷:売れたくて必死な女の子を「けしからん、犯人捕まえた!」にするのは嫌だし、われわれは捜査機関でもないですから。それはつねに自覚しないと誤解されます。われわれ自身も勘違いして偉いんだと思ったらおしまいなんです。しょせん週刊誌なんで、あってもなくてもいい、なくてもすぐに困るものではない。

次ページあってもなくてもすぐには困らないけど・・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT