アマゾン本社へ行ってみた(上)

徹底して犬に優しい

ちなみに2人とも社内で犬を飼ってはいないそうだ。「猫を飼ってもいいのか」と尋ねたところ、「飼っている社員を見たことはない」とのことだった。

さて、DAY1NORTHビルを出ると、リパブリカン通りを挟んで向かいに建っているのがルーファス(RUFUS)ビル。ルーファスは、アマゾン本社に最初に通っていた犬の名前だ。こんなところにも、”愛犬精神”が表れている。

テリー通りをはさんで、RUFUSビルの向かいにあるのが、ウェインライト(WAINWRITE)ビル。ウェイン・ライトさんは1994年にアマゾンが簡素な本屋をネット上に開設した際、最初に本を購入したお客さんの名前だ。

繰り返しになるが、なんといっても、犬には優しい。犬が水を飲みやすいように、外にある水飲み場もこんな風になっているのだ。大型犬を連れている社員が多く、さっそうと犬連れで歩いている。ウンチ袋についても、周辺にこんな(↓)ポストがたくさん置いてあるから安心だ。

犬を連れて出勤している社員なんてホントにいるのか、と疑う読者もいるだろう。そこで周辺を散歩中の社員を撮影してみた。以下の2点が犬連れアマゾン社員である(ベルトのところに社員証が付いていたので、社員であることは間違いない)。

タイ料理、イタリアン料理、中華料理・・・・・周辺にはおいしそうなランチを食べられそうな店がたくさんある。喫茶店、バーなども多い。ワゴン車による移動販売業者もアマゾン社員を目当てにやってきている。会社の外へ一歩飛び出せば、食事をする場所はいくらでもある――アマゾン本社キャンパスは、実に恵まれている。

それでも本社には社員専用のカフェテリアだってある。次回(下)はカフェテリアの様子から紹介していこう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。