アマゾン本社へ行ってみた(上)

徹底して犬に優しい

エレベーターには「犬連れOK」のかわいらしいサインがある。仕事場だって会議室だって犬連れOKというのが、アマゾン。ベゾスCEOは大の犬好きなのだ。

エレベーターで2階へ上がり、典型的なミーティングルームを見せてもらった。壁に貼られている白いボードは全部、ホワイトボード。書き込みができる。社員が大きなコップに入ったコーヒーを握り締めてここに集まり、ソファーにもたれながら議論をする。社員同士のコラボレーションを重視したオフィス設計になっている。

このスペースは会議室の横にあった個人用のワーキングスペース。出張してきた社員が一時的に使用する机のようだ。机は「ドアデスク」。ドア用の合板木材でつくられた簡素なデスクで、質実剛健そのもの。ドアデスクこそ創業以来語り継がれているアマゾンの倹約の象徴である。

こちらがロジャースさんの部屋。特別に中を見せてもらった。もちろん机はドアデスクだ。一つの部屋を2人で使っており、背中合わせで座っている。

次ページ犬連れの出勤者を発見!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。