アマゾン本社へ行ってみた(上)

徹底して犬に優しい

エレベーターには「犬連れOK」のかわいらしいサインがある。仕事場だって会議室だって犬連れOKというのが、アマゾン。ベゾスCEOは大の犬好きなのだ。

エレベーターで2階へ上がり、典型的なミーティングルームを見せてもらった。壁に貼られている白いボードは全部、ホワイトボード。書き込みができる。社員が大きなコップに入ったコーヒーを握り締めてここに集まり、ソファーにもたれながら議論をする。社員同士のコラボレーションを重視したオフィス設計になっている。

このスペースは会議室の横にあった個人用のワーキングスペース。出張してきた社員が一時的に使用する机のようだ。机は「ドアデスク」。ドア用の合板木材でつくられた簡素なデスクで、質実剛健そのもの。ドアデスクこそ創業以来語り継がれているアマゾンの倹約の象徴である。

こちらがロジャースさんの部屋。特別に中を見せてもらった。もちろん机はドアデスクだ。一つの部屋を2人で使っており、背中合わせで座っている。

次ページ犬連れの出勤者を発見!
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。