アマゾン本社へ行ってみた(上)

徹底して犬に優しい

2つのDAY 1に挟まれた真ん中の小さなビルがVAN VORSTビル。まずはこの小さなビルの中から見ていこう。入ってすぐのところには、すわり心地のよさそうなソファーがたくさん並んでいる。社員のためのコミュニケーションスペースだ。ここには耐熱ガラスに囲まれたおしゃれな暖炉もある。

壁には世界の雑誌や新聞に紹介されたアマゾンについての記事などが飾られている。残念ながら、日本語で書かれた記事はなかった。棚の上をみると、ダンボールの小箱がオブジェのように飾られている。徹底した倹約で知られるアマゾンらしさが表れているといえるだろう

倹約振りは徹底しており、自慢のポイントはいろいろある。天井からぶら下がっているこの照明をよくみてほしい。紐のような外枠の飾りは、ダンボールを縛るためのテープだ。

そして、下の写真のドアはもともとこの付近に建っていたビルの内装をそのまま残したものらしい。バルカン社は自然環境やその地域との調和を重視した再開発を指向しており、そのことがこうした内装にも表れているのだという。

ちなみに古いドアの奥に見えているのがカフェテリア。社内のいたるところにコーヒーを飲むためのスペースがある。ベゾスCEOは大のコーヒー好きで知られる。ロジャースさんに、コーヒーを好きかどうか聞いてみた。「僕はノンカフェインのコーヒーしか飲めない」そうである。

次ページベゾスCEOの仕事場は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自前の物流網を一気に拡大<br>アマゾンジャパンの真意

アマゾンジャパンで物流部門を長年統括するジェフ・ハヤシダ氏へのインタビュー。個人事業主に直接配送を委託する「アマゾンフレックス」の構想は4年前からあり、現在は首都圏中心の6地域ですが、今後3年で全国に広げることが明かされました。