文化はダーティなところから生まれる

知の「新世代リーダー」 東浩紀 思想家(下)

インタビュー(上)はこちら

――では、どうしたら、大局的に物事を見られるようになれるのでしょうか?

それはさすがにわかりませんが……(笑)。

ただ、個人的に大事だと思っているのは「場づくり」ですね。自分の専門領域に閉じこもる内弁慶が多くなったのは、リアルに人と出会わないことも関係していると思う。 

僕がいま会社をつくり、『思想地図β』などの雑誌を発行しているのも、そういう場づくりが動機です。福島第一原発観光地化計画でワークショップを行っているのも同じ理由。専門領域の異なるコアメンバー7人で合宿するのですが、みなバックグラウンドが違うのだから、イデオロギーも少しずつ違う。それでも、7人で1泊したという事実は大きい。

こうしたベースがあっての意見対立はいいですが、いまはリアルな接触もお互いへの尊重もないまま、「俺のほうが偉い」とか「俺は当事者だから言う権利がある」とか、ぶっつけあっている人ばかり。そうした場から、生産的なアイデアは出てきません。

――若者間の有益な議論を推進するための「場づくり」として、カフェもやられるそうですね。

はい。現在内装工事中で、年明けには「ゲンロンカフェ」という名の店がJR山手線の五反田駅前にオープンする予定です。イベントスペースとカフェが一体化した空間で、そこで、週2~3回、『思想地図β』の執筆者たちに講義をしてもらい、ちょっとしたカルチャーセンターにしようと思っています。また、軽めのイベントなどを行います。

言ってみれば、朝日カルチャーセンターとロフトプラスワンのいいとこ取りをしたようなスペースですね(笑)。若い世代が集まる知的センターになればいいな、と。大学、特に人文系の学部は、知的な場所としては機能していないので。

次ページ今の社会はクリーンすぎる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT