水星の「太陽面通過」を観測、10年ぶりの天体ショー

7時間半かけて太陽の表面を「通過」

 5月9日、水星が太陽の前を横切る「太陽面通過」という現象が米国で観測された。地球と太陽の間に水星が並ぶことは珍しく、100年に13回程度しか見られない、貴重な天体ショーだ。写真は米ラスベガスで撮影(2016年 ロイター/David Becker)

[ケープカナベラル(米フロリダ州) 9日 ロイター] - 水星が太陽の前を横切る「太陽面通過」という現象が9日、米国で観測された。地球と太陽の間に水星が並ぶことは珍しく、100年に13回程度しか見られない、貴重な天体ショーだ。

小さな黒点のように見える水星は、1112GMT(日本時間午後8時12分)に太陽の縁に姿を現し、それから7時間半かけて太陽の表面を「通過」した。

米航空宇宙局(NASA)の惑星科学部門を率いるジム・グリーン氏は「遠近感のせいで」このように見えると述べた。

前回この現象が観測されたのは2006年。次のチャンスは2019年、その次は2032年だという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT