「コンテンツではなく娯楽」

新世代リーダー 川村元気 映画プロデューサー(下)

「ガラパゴスは駄目」というのは、単純に欧米の価値観からの意見です。それよりも、「ガラパゴスは楽園だ。でも、このままでいいのだろうか?」という順番で考えたほうが発見があると思う。

——そもそも、「変えるべきなのか」っていう問題もありますよね。

変わった先に何があるのか、というところがあまり見えてない気がする。

これからのエンタメを考えるヒントは、生活実感の中にある気がします。映画なら、映画そのものよりも、誰と観たか、どこで観たか、そのとき自分がどういうテンションだったか、ということのほうに意味がある。映画館にわざわざ出掛けて、スクリーンを2時間見るというリアルな行為というものの価値が、問われてくると思います。

——映画館をプロデュースしてみたらどうですか。

映画館作ってみたいですね。つい最近、ユニクロの店舗デザインを手掛けたインテリアデザイナーの片山正通さんと「もし僕たちが映画館を作ったら」みたいな話で盛り上がりました(笑)。

シネコンという形態自体は効率化の究極系なので、もう変わらないと思います。ただ、デサインやストーリーによって、そこに何か新しい価値を生めるのではないかと。

本でも、本を買う行為だけだったら、WEBのほうが圧倒的に効率的。それでも本屋に行くのは、本を買うに至るまでのプロセスが面白いから。読書体験って、ただ何か面白い物語を読むということだけではないような気がするんです。

「世界から猫が消えたなら」 マガジンハウスより発売中 本の情報はこちら

だから今回の本も、デザインやストーリーという部分は、すごく意識的に作りました。

装丁は鈴木成一さんという日本一の装丁家の方にデザインしていただきました。鈴木さんは、本を触ったときの気持ちよさとか、読んでいる時の文字のバランスとかまですごく計算している。

——みんな、作品の内容だけに目が行き過ぎなのかもしれないですね。

そう思います。だから、僕はコンテンツという言葉を使わないようにしています。

——では、何なんでしょうか?

エンターテイメント、娯楽です。

(撮影:今井康一)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。