「コンテンツではなく娯楽」

新世代リーダー 川村元気 映画プロデューサー(下)

——海外進出について興味はありますか?

映画も小説も、必要以上に海外を意識して作っても、いいものにはなりにくい。自分たちが素直に面白いと思えたものや、日本人にしか見えない景色や感覚に向き合って作れば、自然と海外に繋がっていくはずです。

たとえば今の日本を覆う、カネや暴力に対する不安は、ロンドンでも、アフリカでも、ニューヨークでも、みんなが共有している。

今後デジタル化が進むことで、日本の作品を海外へ流通させやすくなると思います。実写映画の場合、東洋人が出ていることと、日本語というハンデはありますが、『リング』のように、ストーリーを売るビジネスの可能性はどんどん広がっていくはずです。

アニメ、マンガ、絵本、キャラクターは、より海外に出やすいと思います。絵やキャラクターでは、日本の力はやっぱり強い。

ジョブズと同じことをエンタメで

——『おおかみこどもの雨と雪』なんて海外でも受けそうですよね。

そうですね。アニメーションは今後も継続的にやっていきたいと思っていますし、最近は絵本も始めました。今年10月から、アートディレクターの佐野研二郎さんと一緒に、『Casa BRUTUS』誌で「Tinny ふうせんいぬティニー」という絵本の連載をはじめました。佐野さんは、「au by LISMO!」「TOYOTA Reborn」などを手がけた方なのですが、物語と絵で同じ世界を描いていくという作業が本当に楽しくて、毎回発見だらけです。

——映画、小説、アニメ、絵本と表現手段はさまざまですけど、そこに一貫するテーマというのがあるのでしょうか。

僕がやりたいのは、みんながうっすらと感じているけど、表面化していないことを表現すること。東洋経済風にいうと(笑)、潜在意識の顕在化です。たぶんスティーブ・ジョブスがやってきたこともそれと同じ。彼は潜在的に人間の生理にそぐわなかったことを、なるべくスムーズにしてきた。僕はそれをエンターテインメントの世界でやりたい。

——これから日本や、日本の映画界は変わると思いますか?

大きくは変わらないと思います。もう日本だけで、あらゆることが済んでしまうからでしょう。でも、それを後ろ向きに考えるのは一方的すぎる気もします。日本だけで済むということは、究極の楽園だともいえる。

次ページヒントは生活実感の中に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 本当は怖い住宅購入
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
熱狂は終わるか<br>IPO総点検

ベンチャー投資の活況が続く中、2019年は86社が新規株式公開(IPO)を果たしました。ただ、秋から公募割れが頻発するなど変調も見えます。市場で起こっている実態に迫りました。若手起業家が選んだ「すごい投資家」ランキングも掲載。