女子エンジニア限定イベントの意義とは?

ホンネで知りたいことは意外なことだった

最近、女子エンジニアが増えてきましたよね。それに合わせて、今までにはないくらい「女性限定」「for girls」「女子ハッカソン」といったエンジニア女子向けの元気なイベントが増えてきました。

ぼへちゃんと後輩も、いろいろなイベント告知ページを見るうちに、「よしうちでもやってみたよう!」という流れになったようです。

具体的に、どんなイベントにするか。マジメな後輩からは勉強会とかLT大会(ライトニングトークを1人5分から10分でやるイベント)など、いろいろなアイデアが飛び出しています。

ちょっと固いかも。ぼへちゃん、豆知識の共有が受けるのではないかと思いつきました。「徹夜明けでもキレイを維持する方法」「ダイエットのために夜中にお腹が空いてもお菓子を食べない方法」「夜中過ぎに眠くてどうしようもない時にパイプ椅子で寝るときの女子的注意点」など、女子的には関心があるはずです。

これは絶対に受けるはず。でも、これって炎上プロジェクトを前提としたかなりキワドイ豆知識ばかり。後輩にも言われていますよね。「最近、そういうのはウケませんよ……」。がっつり仕事はしても、プライベートも大事にするワークライフバランスが、今は大事なんですよ!

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。