女子エンジニア限定イベントの意義とは?

ホンネで知りたいことは意外なことだった

最近、女子エンジニアが増えてきましたよね。それに合わせて、今までにはないくらい「女性限定」「for girls」「女子ハッカソン」といったエンジニア女子向けの元気なイベントが増えてきました。

ぼへちゃんと後輩も、いろいろなイベント告知ページを見るうちに、「よしうちでもやってみたよう!」という流れになったようです。

具体的に、どんなイベントにするか。マジメな後輩からは勉強会とかLT大会(ライトニングトークを1人5分から10分でやるイベント)など、いろいろなアイデアが飛び出しています。

ちょっと固いかも。ぼへちゃん、豆知識の共有が受けるのではないかと思いつきました。「徹夜明けでもキレイを維持する方法」「ダイエットのために夜中にお腹が空いてもお菓子を食べない方法」「夜中過ぎに眠くてどうしようもない時にパイプ椅子で寝るときの女子的注意点」など、女子的には関心があるはずです。

これは絶対に受けるはず。でも、これって炎上プロジェクトを前提としたかなりキワドイ豆知識ばかり。後輩にも言われていますよね。「最近、そういうのはウケませんよ……」。がっつり仕事はしても、プライベートも大事にするワークライフバランスが、今は大事なんですよ!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT