エンジニアの本棚に「動物の本」があるワケ

動物好きが多いのか?

休日のぼへちゃんのお宅に、お友達がお子さんと一緒に来てくれました。気心知れた友達と過ごす休日って楽しいですよね。

他人のお家にお邪魔すると、ついつい見てしまうのが本棚。その人がどういうことに興味を持っているのかが一目でわかるものです。まだ読んだことのない面白い本に出合えたりもしますし、お互い本の感想を話しあったりして、会話がはずむきっかけになる場所でもあります。

今日来てくれたお友達も、そしてそのお子さんも、ぼへ家の本棚に興味津々。面白そうな本がたくさんあります。

その中で、お友達の目に止まったのが動物の絵が表紙に描かれた本「あー、ぼへちゃんもこの本持ってるんだ。やっぱりエンジニアの人って、動物好きなんだねぇ」。

ぼへちゃん、犬とか猫とかは嫌いじゃないですけど、「エンジニアが動物好き」ってどういうことでしょうか。

「この動物の表紙の本。エンジニアのお宅に行くと大抵あるんだよねぇ」。あ~、それですか!

その本は「オライリーメディア」という出版社から出ている技術書。この出版社から出ている本には、いずれも動物の絵が描かれているんですよね。中身はUNIXのコマンドやらなにやらで、動物のお話しなどは全く出てきません。

エンジニアのお宅にオライリーの本があっても、動物好きというわけではないのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ホンダとGMが提携拡大<br>露呈した自前主義の限界

ホンダが米GMとの部分提携を大幅に深化させ、北米事業の幅広い分野での包括提携に踏み出しました。最大の目的は、低空飛行が続く4輪事業の収益改善。新型コロナによる事業環境の悪化も提携拡大を後押ししました。

東洋経済education×ICT