エンジニアの本棚に「動物の本」があるワケ

動物好きが多いのか?

休日のぼへちゃんのお宅に、お友達がお子さんと一緒に来てくれました。気心知れた友達と過ごす休日って楽しいですよね。

他人のお家にお邪魔すると、ついつい見てしまうのが本棚。その人がどういうことに興味を持っているのかが一目でわかるものです。まだ読んだことのない面白い本に出合えたりもしますし、お互い本の感想を話しあったりして、会話がはずむきっかけになる場所でもあります。

今日来てくれたお友達も、そしてそのお子さんも、ぼへ家の本棚に興味津々。面白そうな本がたくさんあります。

その中で、お友達の目に止まったのが動物の絵が表紙に描かれた本「あー、ぼへちゃんもこの本持ってるんだ。やっぱりエンジニアの人って、動物好きなんだねぇ」。

ぼへちゃん、犬とか猫とかは嫌いじゃないですけど、「エンジニアが動物好き」ってどういうことでしょうか。

「この動物の表紙の本。エンジニアのお宅に行くと大抵あるんだよねぇ」。あ~、それですか!

その本は「オライリーメディア」という出版社から出ている技術書。この出版社から出ている本には、いずれも動物の絵が描かれているんですよね。中身はUNIXのコマンドやらなにやらで、動物のお話しなどは全く出てきません。

エンジニアのお宅にオライリーの本があっても、動物好きというわけではないのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。