エンジニアは食事のときだって仕事の話ばかり

食事と仕事を切り分けできない!

ぼへちゃんとだんな君、お仕事が終わって帰宅。ちょうど帰りが同じぐらいの時間だったようです。一緒に晩御飯の支度をして、食べようとしているところですが、ぼへちゃんの表情が冴えません。

「ふううううううう.....」

悩み事でもある様子。だんな君が心配して何があったのか聞いてみると、仕事のトラブルが原因でした。

なんでも、データベースのとある問題が解決していないとか。解決方法が分からなくて、気になって気になって仕方がないようです。

こういうことってエンジニアに限らず、誰しもありますよね?

で、どんな問題が起こっているのか、ぼへちゃんが話し始めると、だんなくん、間髪入れずに「ああ、ロックエスカレーションのせいだね」。さすが経験豊富なエンジニア。話しを聞いただけで原因が分かったようです。

「えっ?それってどういうこと!?」

だんな君曰く、大量のデータ更新時に起こるデータベース内部の動きに起因するとか。ぼへちゃん、問題解決の糸口がつかめたようで、食卓にパソコン開いてメモ取り始めました。

これで明日解決できそう!と、テンションが上がります。一家団欒の夕食時に専門用語の雨あられ。こんなはずじゃなかったのに、完全に仕事モードになってしまいました。

人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。