ソードアート・オンライン「VR実験」の舞台裏

仮想現実空間は、大きな可能性を秘めている

頭にはOculus Riftをベースとしたナーヴギアを装着

3月14日から18日まで米サンフランシスコでゲーム開発者向け会議「Game Developers Conference 2016」が開催されていることもあり、にわかにVR(仮想現実)技術にスポットライトが当たっている。

そうした中、日本IBM提供の短期イベントとして3月18~21日に開催しているのが「ソードアート・オンライン ザ・ビギニング」だ。

自分自身を3Dスキャンし仮想現実空間へとダイブ

モンスター退治へ!

このイベントでは3月18日から、4台のVR装置を使ったアルファテスト(最初期テスト)が行われる。4人の被験者は脚にはセンサー付きのVRシューズを履き、頭にはOculus Riftをベースとしたナーヴギアを装着。仮想世界へと”ダイブ”すると「はじまりの街」へと導かれ、そこで出会った仲間とモンスター退治の扉を開く。

筆者は何度かVRゲームを体験したことはあるが、“ソードアート・オンライン ザ・ビギニング”は、これまでと異なる体験をもたらしてくれるものだった。

ネットワークで結びつけられた複数メンバーが同じフィールドに存在し、リアルタイムにコミュニケーション(相手の位置や姿勢、目線、話している音声などを仮想現実世界の中で感じることができる)までできる。まるで、本当に自分がその世界に迷い込んだかのように感じられた。

次ページクオリティは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。