「格安デリヘル」に流れ着いた25歳女性の現実

「風俗嬢は超高収入」は過去の幻想である

60分7000円の「格安デリヘル」は、学歴も容姿もキャリアも持たない女性の最後の砦となっている
リーマンショックで打撃を受けたのはビジネスマンだけではない。性風俗のデフレ化が進み、ほとんどの風俗店は価格競争に巻き込まれて単価を下げながら、さらに集客を減らしている。需要と供給のバランスが崩れ、約半分の女性は風俗嬢になりたくても店側に断られている現状だ。
東洋経済オンラインでは、風俗業界やアダルトビデオ業界で働く女性を取材し続けてきた中村淳彦氏のルポを「貧困女性の現場」として連載していく。そのスタートに先がけた第2弾として、4月27日発刊の中村氏の著書『図解 日本の性風俗』から、格安デリヘルに流れ着いた20代女性が直面した貧困の実態をお伝えする。

「風俗嬢は超高収入」は過去の幻想

この連載の一覧はこちら

1980年代、1990年代の性風俗の全盛期を知る中高年の男性を中心に、この数年間の風俗業界の深刻な不況と、風俗嬢の収入の下落を理解していない方が多いです。たとえば「風俗嬢は超高収入で、ラクして稼いでいる。消費と遊びが大好きな女ども」みたいな意識は、過去の栄光に基づいた時代錯誤な認識です。

風俗業界に大打撃を与えたリーマンショック以降、その傾向は特に顕著となって、現在風俗嬢の大半は中小企業のサラリーマンと同程度か、それ以下の賃金でカラダを売っています。カラダを売って中小企業のサラリーマン以下の賃金とは夢も希望もないですが、本当のことです。

風俗嬢たちがそのような厳しい状況なので当然、経営者たちも儲かっていません。風俗嬢への誤解と同じく、たまに「風俗経営者は女性たちから搾取して暴利を貪っている!」みたいな批難をする人がいますが、大きな間違いです。この10年間ほど、風俗業界から景気のいい話はまったく聞こえてきません。

そのような現状でも、風俗嬢と聞いて多くの人がイメージするのは、派手な化粧して複数のブランド物で派手に着飾り、ホスト遊びするみたいな華やかな若い女性でしょうか。そのような風俗嬢は、当然減っています。

歌舞伎町などの繁華街の活気が失われた原因のひとつは、堅実になった風俗嬢たちがお金を使わなくなったからです。理由は単純で、風俗嬢の可処分所得が減ったからです。性風俗の単価が下がり、さらに男性客数は減ってしまいました。この数年の性風俗店は志願者の半数を断っている状態です。もう、人並みの女性では裸になっても稼げないのです。

次ページ弾かれた風俗嬢の厳しい現状とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT