20代を熱心に口説く「元気すぎる老人」の実態

おじいちゃんの性欲はものすごかった!

銀座には孫世代を口説く高齢紳士もやってくる(写真:Shyn / PIXTA)

年をとれば煩悩から解放されると思っていましたが、どうやら年齢に関係なく煩悩まみれの人もいるようです。

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

今回は老いてからの性について、です。わたくしを口説いた最高齢の方は今のところ85歳。23歳ほやほやヘルプのときでしたね。銀座のお客さまのご親戚の方で、一度数人でお食事をして、後日、道でばったり遭遇。ノリで居酒屋に入ったんですけど、今思えば、男性誌が推奨するカウンターで横並びでした。で、エッチな質問ばっかりしてきた挙句に「ホテル行こう!」と。

男なんだと思い知らされて

その方、顔立ちも整っていて、髪もフサフサですごくかっこいいんですよ。昔、某首相の秘書官だったこともあり、相当稼いでいたこともあったらしく、「そのコート素敵ですね」と褒めると「これ? 50年前につくったビキューナだよ」ってスルッと返ってきたり。でも、手の甲には血管とシミが浮いてるし、早い話がおじいちゃんなわけですよ。

それなのに、やけに口調に熱がこもっているので、まずいなあと。適当に冗談にするしかないと「またまた〜、そんなこと言ってできないでしょ〜(笑)」なんて茶化すと、「いや! もう勃ってるよ! 半勃ちだよっ!」って。本当だからって、わたくしの手を股間にもっていこうとする握力の強さ! 怖かった〜。あっ、男なんだって思い知らされましたから。

その反動で床に落とした割り箸を「どうぞ」と即座に拾ってくれた隣の中年男2人組をはじめ、まわりの男客たちの「おじいちゃんファイト〜!!」という心の声援で、店中が埋め尽くされてましたよね、あのときは。きのう死んでてもおかしくない老人が若いムスメに果敢に挑みかかっていたわけですから。

次ページお孫さん並みにやりたい放題にさせてくれて
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT