ラブホテルの最前線は、どうなっているのか

日本独自の「愛の拠点」に海外からも熱視線

昭和遺産? それともコンテンポラリー・モダン?
外国人観光客からも注目度が高いという日本ならではの個性的な、LOVE&SEXの拠点であるラブホテル。文化遺産的な価値をもつ老舗から、ビジネス使いも可能な最新施設まで注目すべきラブホテル6軒を公開する。

一度は試したいレトロなラブホ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

バブル時代に贅沢の限りを尽くしてつくられた昭和のラブホテルは、外国人観光客たちの人気スポットだ。ホテルオーナーの煩悩や性的妄想がそのままカタチとなった、巨額を費やした豪華絢爛なインテリアは、もはや再現するのが困難。まさに消え行くアートである。映画のロケ地として使用されることも多い。

「昭和なラブホテルを文化遺産として残したい」と語るのは『ラブホテル・コレクション』の著者であり、映画監督の村上賢司氏だ。

「たとえば千葉県『ホテルブルージュ』は総工費36億円の物件です。イタリア直輸入の家具など、高級品が惜しみなく使われています。しかし部屋に入った瞬間、爆笑してしまうはず。“あそこ面白いらしいよ”という理由で男性たちが女性をラブホテルに誘う際のフックになりますからね。バカバカしくもおもしろい“昭和なラブホ”は、巨額を費やして採算度外視でお客さんを愉しませようとする、そのパワーが魅力なのかもしれません。バブルを知らない世代でも、当時の雰囲気を体感できますから」

そんな昭和なラブホテルも、しかし、激減中である。

次ページ映画監督がおすすめする昭和遺産篇
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT