出口見えない欧州危機

スイスの辣腕バンカーが語る

 --今後、プライベート・バンクの再編は?

決してまったくないとは申し上げられないが、今のところそうした再編はないと考えている。当社の規模は非常に経営しやすい規模だ。このような形で安定的に、独立を維持した形で経営していきたい。

--ロンバー・オディエは200年以上の長い歴史がある。長期間、企業として存続できた秘訣は何なのでしょうか?

フランス革命後に会社が設立され、これまで過去40回の危機を乗り越えている。われわれは常に最悪の事態の準備をしている。当社はパートナーシップという体制をとっており、パートナーは無限責任を負う。直近の利益というより、長期の持続性を経営上重視している。さらに、独立性もポイントだ。オンリーワンの専門家集団で、顧客の富のみをマネージする。われわれには債権者もいないし、株主もいない。投資銀行部門も存在しない。クライアントに仕える以外にない。それゆえ、利益相反も存在しない。

--パートナーシップ制度の弱点はないのでしょうか。

マイナス面よりプラス面のほうが大きいが、唯一難しいのは、新しいパートナーが加わった時に、その人が当社に合った人材なのか、また企業価値を高めてくれる人物で、信頼できる人物なのかが問われる。いまは、非常に優秀な人を雇用できる機会がかつてないほど増えている時代だ。

--御社のもう一つの特徴として、創業家による世襲という側面があります。

たしかに、当社には創業家が4家存在した。しかし、その子孫がパートナーになるという権利を持っているわけではない。私個人についていうと、祖父はロンバー・オディエ、大叔父は2人がパートナーになっているが、次の世代からパートナーは出ていない。私も当初当社に入ることを考えていなかった。パートナーになる権利や株式などは存在しないので、全員一致で選ばれた場合にのみ、パートナーになれる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。