出口見えない欧州危機

スイスの辣腕バンカーが語る

スイス・ジュネーブに本拠を置き、200年以上の歴史を持つプライベート・バンカーズ「ロンバー・オディエ」のマネージング・パートナー、アン・マリー・デ・ヴェック氏(=写真=)がこのほど、東洋経済のインタビューに応じた。

プライベートバンクとは、主に富裕層向けの資産管理や法律や制度に対する助言、信託・遺言などの金融サービスを展開するの金融機関である。

進行中の欧州債務危機の先行きについて、デ・ヴェック氏は「非常にペシミスティックにみている。危機がスタートして5年が経つのに出口は見えない」と述べ、問題の解決には長期間かかるとの見通しを示した。

デ・ヴェック氏は現在8人しかいない同社のマネージング・パートナーの一人で、唯一の女性。同氏によると、スイスのプライベート・バンカーズの中で、女性のバンカーは非常に珍しいという。氏は、ジュネーブ大学法学部卒業後、1984年まで弁護士として活躍後、KPMG-Fidesグループに入社。KPMGスイス支社のパートナー兼取締役会副会長を務めた。97年にロンバー・オディエに入社し、2002年からマネージング・パートナーを務めている。

デ・ヴェック氏とのやり取りは以下の通り。

--欧州危機についての見通しは?

われわれは非常にペシミスティックにみている。危機がスタートしたのは5年前なのに、債務やソルベンシー問題は悪化の一途をたどっている。財政赤字や公的債務を減らすことはできておらず、出口が見えない。われわれは今までこれほど巨額の債務を抱えたことはない。

では、何ができるのか。一つは成長を促すことだが、欧州には成長を促すファイナンスの手段がない。第二の手段は通常の対策、すなわち歳出カットや増税だ。しかし、この手段はあまり強くやり過ぎると、医者が患者を殺してしまうような状況で、ギリシャがまさにそういう状況だ。三つめの対策が金融的な支援で、各国の紙幣増刷は過去最大規模になっている。結局、唯一のソリューションは、人々が一堂に会して、債務のリストラクチャリングを行うことが必要だ。しかし、政府は国民の反応を恐れて何もしない状況が続いている。 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。