元プロ女子大生、美人弁護士の結婚観とは?

弁護士の婚活事情最前線<6>

どこへ行っても人の目を惹く美人弁護士のその目は、現実に向けられていた(写真:Taka / PIXTA)
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

様々な弁護士のライフスタイルや婚活事情を取材し、弁護士業界の現状や、弁護士の素顔に迫ってきた「弁護士婚活事情」。

最終回となる今回は、元プロ女子大生の美人弁護士が登場する。モテ職業の代表格である男性弁護士とは対照的に、女性は弁護士になった途端モテなくなると言われているが、そんな原則にはあてはまらない女性弁護士もいるようだ。

<今週の東京婚活弁護士>
名前:芽衣27歳
勤務先事務所:銀座エリアの小規模法律事務所
年収:約850万円
出身:東京都
大学・ロースクール:都内有名私立大学
住まい:恵比寿
家賃:約17万円
交際ステータス:独身・彼氏あり
好きな法律:借地借家法
誰もが振り返るレベルの美人弁護士

誰もが振り返るレベルの美人弁護士

「弁護士なのに」、「弁護士の中では」、芽衣はそんな枕詞を一切必要としない、誰もが振り返るレベルの美女だ。限られたコミュニティの中でちやほやされるだけではなく、彼女がどこに行っても人の目を惹き、美人という評判を欲しいままにしてきたことは想像に難くない。

ぱっちりと大きな彫りの深い目に、すっと高く形のいい鼻。上品な口元は聡明な印象を人に与えるし、陶器のような肌はハードな仕事の疲れを微塵も感じさせない。フランス人とのハーフなんです、と聞いても驚かないだろう。

次ページ自分の市場価値にも客観的な目を向けている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT