女性弁護士が「一生独身」を覚悟する瞬間

弁護士の婚活事情最前線<4>

女性弁護士の婚活事情は?
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

弁護士といえば、合コンしたい職業ランキング、結婚したい職業ランキングなど、各種ランキング上位の常連で、モテる職業というイメージが根強い。これまで弁護士婚活事情に登場した3人の弁護士も、それぞれタイプは違えどモテていることがうかがわれた。

もっとも、それは男性弁護士に限った話。モテまくる男性弁護士にばかりスポットライトが当てられるが、女性弁護士がどのような恋愛をし、どのような男性と結婚するかはあまり知られていない。今回は、そんな女性弁護士の婚活事情をのぞいてみる。

<今週の東京婚活弁護士>
名前:亜希子28歳
勤務先法律事務所:霞が関エリアの中堅法律事務所
年収:約800万円
大学・ロースクール:都内有名私立大学
住まい:中目黒
家賃:15万円
交際ステータス:独身・彼氏なし
好きなおつまみ:たたみいわし

女性弁護士は地味なんてイメージはもう過去のもの

亜希子は特別美人というわけではないが、小動物系の顔をした可愛らしい女性だ。アッシュベージュのミディアムヘアは、大学時代から通う表参道の有名サロンでケアしてもらっている。オンオフを問わない赤文字系のファッションに身を包み、胸元には、一粒ダイヤとイニシャルの華奢なネックレスを重ね付けしている。

そんな亜希子が弁護士をしていると知り、驚く人は多い。所属事務所のボス弁護士が、彼女をクライアントに紹介すれば、秘書と勘違いされることもしばしばだという。テレビで人気の美人弁護士は特殊な例だと思われがちだが、おしゃれで可愛い女性弁護士は増えつつある。

次ページ弁護士になってからモテない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。