「弁護士」の婚活、こんなに過酷になっている

弁護士の婚活事情最前線<1>

弁護士といえば、モテ職業のひとつ。そんな弁護士の婚活事情とは?
「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

弁護士といえば、医者と肩を並べる二大モテ職業の一つ。婚活市場において圧倒的存在感を誇り、金ピカに輝く弁護士バッジを印籠のようにかざせば、女たちは皆ひれ伏す。こんなふざけた言い回しがあながち否定できないほど、弁護士が栄華を誇っていた時代があったのは確かだ。

しかし、司法試験合格者が大幅に増加した今、その人気は、しがないサラリーマンの生涯年収を数年であっさり稼いでしまうスマートな外資系投資銀行員や、生命力に溢れた羽振りのいい社長系男性に押され気味だと囁かれる。結婚相手にふさわしい物件かどうか。東京の女たちの格付けは、時代の変化に敏感だ。

他方で、弁護士の友人の多い筆者が、弁護士との結婚に憧れる女友達から、誰か紹介してほしいと頼まれることが多いのもまた事実。果たして真相やいかに? 弁護士たちの婚活事情を聞いてみた。

<今週の東京婚活弁護士>
名前:隼人26歳
勤務先法律事務所:5大法律事務所の一つ
年収:1,000万円超
出身:東京都
出身大学・ロースクール:都内有名私立大学
住まい:麻布十番(家賃15万円)
交際ステータス:独身

5大ファームで活躍する爽やかな若手エリート

さわやかなルックスに、常に人の輪の中心にいるような明るい人柄。隼人は一見すると弁護士というお堅い職業についているようには見えない。例えば、外資系メーカーでマーケターをやっています、なんて言われたら誰もが納得してしまうだろう。

そんな彼は、実際は若くして予備試験、司法試験を突破し、弁護士となったスーパーエリートだ。日本における5大ファームの一つで活躍する彼の専門は、労働関係。大企業のクライアントのために日々戦っている。

次ページさまざまな活動を精力的にこなす
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT