35歳まで「東大卒」の真価は発現しないものだ

相談者「職場の明治卒に勝てる気がしません」

※当記事は城繁幸メールマガジン『サラリーマン・キャリアナビ』☆出世と喧嘩の正しい作法 2016年1月8日 Vol.123からの転載です(撮影:尾形 文繁)
今の勤め先に不満を持っているサラリーマンも、これから会社に入ろうと思っている学生も、ぜひとも知っておきたい「人事の本音」と「会社との喧嘩の仕方」。激動の時代に生き延びるための知恵を、雇用問題のスペシャリストが授けます。

「東大卒」の学歴には価値があるのか

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

<読者からの質問>

Q.東大卒ですが職場の明治卒に勝てる気がしません。

城さんの15個くらい後輩にあたる東大OBです。現在は大手自動車メーカーの本社勤務中であります。

今の上司はいい人なのですがとにかく東大生への期待が高いというか、ことあるごとに「なんだお前、東大なのにそんなこともできないのか」とはっぱをかけられており、困惑しています。

別にいじめられてるわけでもなく期待の裏返しだというのはわかりますが、正直に言うと同じ部内の明治大学卒の同僚と、業務遂行上、能力的に差があるような気がしません(汗)。

実際、識者にも「東大卒の学歴には価値が無い」と明言される方もいます。自分以外の世の中の東大生はホントに使えないものなんでしょうか? 城さんの経験を教えてください。

次ページ営業職に国立大卒は「使いにくい」?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT