なぜ、東大生の英語は「通じない」のか?

受験英語を極めてはいけない理由

日本の「受験エリート」の英語が通じない理由を、ズバリ解説します(写真:foly / PIXTA)
東大生が使う英語というと、文法的なミスがなく、豊富な語彙に裏付けられた格式高い英語というイメージがあるが、そうした「完璧な英語」を目指すことによって、かえって「伝わらない英語」が身についてしまうことがあるらしい。
『欧米人を論理的に説得するための ハーバード式ロジカル英語』の著者であり、自身も外資系企業勤務後にハーバード大学でMBAを取得、現在はビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)経営学部教授の青野仲達氏に話を聞いた。

優秀な日本人の書く英文は「見た目」が悪い

――東大生の英語というと、「ミスのない完璧な英語」というイメージがあるのですが、それが問題になることなどあるのでしょうか?

実は非常によくあります。もちろん、文法力や語彙力は「あるに越したことはない」のですが、そうした「完璧な英語」「ミスのない英語」を目指し、それにこだわることによって、かえって相手に「伝わりにくい英語」になってしまうことが多いのです。

英語を話す目的は、相手に「自分の考えを伝える」ことです。「ミスはないが伝わらない」のであれば、本末転倒になってしまいます。

――具体的に、伝わりにくい英語の特徴はあるのでしょうか?

日本で優秀な教育を受けた「英語ができる」人の特徴として、多くの修飾語(形容詞や副詞)を使い、長い英文を書くという傾向があります。原因は、持ち前の卓越した文法力や豊富な語彙を活用しようとするためです。例を見てみましょう。

A strikingly beautiful young woman delightedly bought a small but expensive piece of jewelry.(目を見張るほど美しくて若い女性が、嬉しそうに、小さいけれども高価な宝石を買った)
次ページ何が悪いか、わかりますか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT