なぜ、東大生の英語は「通じない」のか?

受験英語を極めてはいけない理由

和文英訳を意識すれば「ミスをなくそう」とします。人に伝えることを意識すれば「わかりやすく見せよう」とします。日本人とアメリカ人の英文の「見た目」が違う原因は、ここにあります。

英語を使うときはミニマリストになる

――それでは、「伝わる英語」の秘訣とは何なのでしょうか?

ハーバード式「伝わる英語」の秘訣を大公開! 書影をクリックすると、Amazonページにジャンプします

余分なものを捨てることです。英文を書くときは、「ひとつの文に含まれる単語の数」をできるだけ減らすことを心がけてください。いわば「ミニマム・センテンス」です。

近年、ミニマリストのような、自分に必要なものを見極め、できるだけ「モノを持たない」ライフスタイルが注目されています。同じことが、英文作成にも当てはまります。名詞と動詞を中心に、ひとつの文を「より少ない単語数で書く」ことを意識してみましょう。

もちろん、形容詞や副詞を「一切使うな」ということではありません。ひとつの文で使う単語数を減らし、状況に応じて文の数を増やすことによって、「情報を小出しにする」ことが可能になります。そうすれば、形容詞や副詞も有効活用できます。

最初の例文をもう一度見てみましょう。

A strikingly beautiful young woman delightedly bought a small but expensive piece of jewelry.(目を見張るほど美しくて若い女性が、嬉しそうに、小さいけれども高価な宝石を買った)

 

このひとつの文を、複数の「ミニマム・センテンス」に作り変えてみましょう。

A woman bought a piece of jewelry.(女性が宝石を買った)
It was small.(それは小さかった)
But, it was expensive.(しかし、高価だった)
She was young.(彼女は若かった)
She was strikingly beautiful.(彼女は目を見張るほど美しかった)
She looked delighted.(彼女は嬉しそうだった)

 

全体として言っていることは同じですが、ひとつの文の語数を「必要最小限」にすることを意識して、内容を「小分け」にしています。見た目もシンプルで、伝わりやすいものになっているのがわかると思います。

この手法は、ビジネスの現場で「英語を話す」力に直結します。短い文は、単純に「話しやすい」のです。難関校の受験で遭遇するような長い英文は、たとえ「文法的に正しい」ものであっても、即座に「自分の考えを伝える」ことには不向きです。

ある程度「英語はできる」はずのビジネスパーソンが、「完璧な(ミスのない)英語」を意識してしまうことによって、かえって何も話せなくなってしまう。そういう話をよく聞きますが、その原因はここにあります。

できるだけ「少ない語数」で文を作り、「誰が何をしたか」「何が起こったか」といった事実を端的に伝える。そのうえで、必要に応じて情報を補足する。そのスキルを身につけ、それを習慣化することによって、自然に「伝わる英語」が使えるようになるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。