「モテ欲」は、人を成功に導く巨大な力になる

一見「モテたい」だけに見えるあの人も…

どうして男は「モテたい」と思うのでしょうか? 精神科医・名越康文の公式メルマガ「生きるための対話」からお届けしています(写真 :bee / PIXTA)
どうして男は「モテたい」と思うんでしょう? 女性は「自分が好きな異性の気をひきたい」という気持ちはあっても、あまり不特定多数の異性から「モテたい」という気持ちは、(少なくとも男性ほどには)強くないように思います。男性の「モテたい」心理はどこから来るのでしょうか?

「モテたい」の奥にある集注欲求

当記事はプレタポルテ(運営:夜間飛行)の提供記事です

「不特定多数の異性から関心を持たれたい」という意味に限定するなら、確かに「モテたい」気持ちに男女差はあるかもしれませんね。しかし、その「モテたい」という欲求の奥にある、さらに深層の欲求に目を向けるのであれば、僕はあまり「男女差」というものは感じないんです。

「モテたい」の奥にある深層の欲求。それは簡単にいえば「他人の視線を集めたい」という欲求です。

もちろん、次々と浮名を流すプレイボーイがこの世にいることは否定しません。ただ、多くの人がいうところの「モテたい」という欲求は、性的なものというよりは、その瞬間ごとの「視線」あるいは「他人からの関心」を求める欲求のひとつの「形」なのだと思うのです。

一般的な心理学用語ではありませんが、この「他人の視線を集めたい」という欲求を、僕は「集注欲求」と呼んでいます。

次ページそれは「泣いている赤ちゃん」と同じ
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。