「モテ欲」は、人を成功に導く巨大な力になる

一見「モテたい」だけに見えるあの人も…

集注欲求が恋愛に結びつけば、確かに「モテたい」という行動として現れる場合もある。でも、「そうじゃない場面のほうがはるかに多い」と捉えたほうが、人間理解としては正確ではないでしょうか。

というのも、集注欲求というのはうまく生かせば、人を前に進める、大きな力となりうるものだからです。世の中で大きな仕事をなしとげる人、きらりと光る何かを残す人というのは集注欲求をうまく昇華させることに成功した人だと思います。

一見「モテたい」だけに見えるあの人も

「モテたい」「モテたくない」というゼロかイチかという見方をしていると、どうしても「あの人はナンパな人だ(あるいは「堅物だ」)」というような、二項対立的、あるいは平面的な理解からしか、相手を捉えることができません。でも、一見「モテたい」だけに見える人でも、実はさまざまな場面で、さまざまな形で集注欲求を発散させるべく、工夫を重ねていることがあるんです。

自分はどう集注欲求を解消しているのか、あの人はどう、集注欲求をエネルギーに変えているのか。

いまあなたが「モテ」というフィルターで観察している現象を、そういう視点から捉え直してみてください。そうすればきっと、人間というのが単に「異性にモテる」という心理だけで動いているわけではないということが、よりよく理解できるはずですし、異性の言動に振り回されることも、少なくなるんじゃないか、と思います。

プレタポルテの関連記事
他人と和解したければまず「身体を動かす」ことから始めよう(名越康文)
日本のビジネスを変える!?「類人猿分類」は立ち位置の心理学(名越康文)
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT