天才は、どんな日常生活を送っていたのか

マーラーは仕事の時間に正確だった

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1791)

数年間ヨーロッパの貴族社会で過ごしながら、望みの地位につくことができなかったモーツァルトは、1781年、ウィーンに定住してフリーの作曲家兼演奏家としてやっていくことにした。

ウィーンではモーツァルトのような才能と名声のある音楽家には多くのチ
ャンスがあった。しかし、生計を立てるために、ピアノの個人教授や、コンサートでの演奏や、裕福なパトロンとのつきあいに忙殺されることになる。そのうえモーツァルトはのちに妻となるコンスタンツェとつきあいはじめ、彼女の母親ににらまれていた。こういった状況で、新しい作品を作る時間は日に2、3時間しかなかった。1782年に姉へ宛てた手紙のなかで、ウィーンでの多忙な毎日について詳しく書いている。

あまりにもたくさんやるべきことがあった

"いつも朝6時には髪のセットを終え、7時には服装もきちんと整えている。それから9時まで作曲をし、9時から午後1時まで個人レッスン。そのあと昼食をとるが、どこかの家に招かれて2時か3時から昼食ということもある。たとえば今日と明日はツィキー伯爵夫人とトゥン伯爵夫人のところへ行く。夕方5時か6時までは作曲の仕事ができない。その時間にも、コンサートが入ることがある。コンサートがなければ、9時ごろまで作曲する。そのあと愛しのコンスタンツェのもとへ行くが、彼女と会える喜びも、たいてい彼女の母親の辛辣な言葉で半減してしまう……10時半か11時ご
ろに家に帰る。

何時になるかは、コンスタンツェの母親の嫌味と、僕がそれにどれだけ耐えられるかによる。夕方はコンサートがあったり、あちこちへ呼びだされたりして、必ず作曲の仕事ができるわけではないので、いつも(とくに早く帰ってきた場合は)寝る前に少し作曲をするようにしている。午前1時ごろまでやっていることもよくある。そして翌朝はまた6時起き!"

「とにかく、あまりにもたくさんやるべきことがあって、なにがなんだかわからなくなってしまうことがよくあります」 父親に宛てた手紙のなかでモーツァルトはいっている。それは誇張ではなかったらしい。父親のレオポルト・モーツァルトはその数年後に息子のもとを訪ね、その生活が予想どおり、すさまじく忙しいことを見て取った。

ウィーンから自宅に宛てた手紙でレオポルトはこう書いている。「このせわしさとあわただしさを、いったいどう表現すればいいだろう」

次ページベートーヴェンの日常生活は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング