不倫を繰り返す夫とは、今すぐに別れなさい

背信を繰り返す夫への愛は、ただの執着だ

あなたは考え方の違いで喧嘩が多かったと思っているようですが、これは考え方の違いではありません。彼に妻子への情愛がなく、思いやりがないのです。これであなたが後悔しておられる「口やかましさ」がなかったらば、あなたはただのバカになってしまいかねません。その「口やかましさ」、実際には当然の会話やあなたの抗議がなくとも、彼は公然と不倫を繰り返したことに、あなたは気づくべきです。

彼の根は優しいとあなたは仰いますが、あなたに向けられた優しい部分の根は、もう枯れてなくなったのです。よしんば彼の奥の方でその根の芽が眠っていたとしても、10年以上見えないのですから無いのと同じことです。

あなたへの離婚の迫り方が、如何に侮辱的でバカにしているかに気づいてください。そんな夫をまだ愛しているなんて、夫君のどこを愛しているのですか。それは、ただの執着ではありませんか。

熨斗(のし)をつけてもらって別れよう

あなたは親にも相談できないと困っておられます。それで申し上げるのですがもしあなたが私の娘なら、決してその様な生活を私は許しません。子どもには子どもの人生があるようなものですが、そんな安っぽい男に振り回される安っぽい娘として、安っぽい人生を送るために愛情を注いで育てたのではないと言ってやります。

子どもさんたちも離婚には反対しているようですが、それはあなたの悩みや思惑も考えてのことではないでしょうか。戸籍上は家族であったとしても、実際は不誠実で抜け殻以下の夫か父親との同居は、全員が不幸であるだけです。分別の付く年頃ですし、今の家族関係が子どもさんたちのためにも、唯一で最善の策とは思えません。

確かに10年以上の放蕩の末、しかも婚外子を設けた後、元の家庭に戻った夫の例も、少ないながら知っています。ですからそれに期待をかけて、どんなに夫から侮辱を受けようがないがしろにされようが、これからも離婚を拒否し続ける生き方も、ないわけではありません。

その場合は誰からも振り向かれなくなってすごすごと帰ってきた夫をしっかり介護すべく、ジムに通って力を蓄えて待つ必要があります。そんな生き方に、何か意味か希望を見出せたらの話ですが。

聡子さんのお相手は、熨斗をたっぷり付けてでも、今すぐに別れるべき相手とみました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT