スシローと牛角、外食ファンド企業の明暗

ファンド間で明暗クッキリ

 


 投資ファンドに買収された外食企業の転売が相次いでいる。

 今月7日、居酒屋「甘太郎」などを運営するコロワイドが、焼き肉店「牛角」を展開するレックス・ホールディングスの株式66・6%を取得すると発表した。レックスの経営権は投資ファンドのアドバンテッジパートナーズからコロワイドに移る。

8月下旬には回転ずしのあきんどスシローがユニゾン・キャピタルからペルミラへ、昨年10月にはファミレスのすかいらーくが野村プリンシパル・ファイナンスからベインキャピタルへ、それぞれ売却されている。アドバンテッジが出資するカフェチェーンのコメダも売却のうわさが飛び交っている。

世界的なカネ余りを背景に、2005~08年に日本でも投資ファンドによるM&Aが活発化。外食業界でもいくつかのディールが行われた。ここに来てファンド傘下の外食企業の転売が相次いでいるのは、「出資から5年以上が経ちイグジット(出口戦略)の時期を迎えているから」とファンド関係者は説明する。

次ページスシローは二ケタ増収
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。