スシローと牛角、外食ファンド企業の明暗

ファンド間で明暗クッキリ

 


 投資ファンドに買収された外食企業の転売が相次いでいる。

 今月7日、居酒屋「甘太郎」などを運営するコロワイドが、焼き肉店「牛角」を展開するレックス・ホールディングスの株式66・6%を取得すると発表した。レックスの経営権は投資ファンドのアドバンテッジパートナーズからコロワイドに移る。

8月下旬には回転ずしのあきんどスシローがユニゾン・キャピタルからペルミラへ、昨年10月にはファミレスのすかいらーくが野村プリンシパル・ファイナンスからベインキャピタルへ、それぞれ売却されている。アドバンテッジが出資するカフェチェーンのコメダも売却のうわさが飛び交っている。

世界的なカネ余りを背景に、2005~08年に日本でも投資ファンドによるM&Aが活発化。外食業界でもいくつかのディールが行われた。ここに来てファンド傘下の外食企業の転売が相次いでいるのは、「出資から5年以上が経ちイグジット(出口戦略)の時期を迎えているから」とファンド関係者は説明する。

次ページスシローは二ケタ増収
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT