スシローと牛角、外食ファンド企業の明暗

ファンド間で明暗クッキリ

 


 投資ファンドに買収された外食企業の転売が相次いでいる。

 今月7日、居酒屋「甘太郎」などを運営するコロワイドが、焼き肉店「牛角」を展開するレックス・ホールディングスの株式66・6%を取得すると発表した。レックスの経営権は投資ファンドのアドバンテッジパートナーズからコロワイドに移る。

8月下旬には回転ずしのあきんどスシローがユニゾン・キャピタルからペルミラへ、昨年10月にはファミレスのすかいらーくが野村プリンシパル・ファイナンスからベインキャピタルへ、それぞれ売却されている。アドバンテッジが出資するカフェチェーンのコメダも売却のうわさが飛び交っている。

世界的なカネ余りを背景に、2005~08年に日本でも投資ファンドによるM&Aが活発化。外食業界でもいくつかのディールが行われた。ここに来てファンド傘下の外食企業の転売が相次いでいるのは、「出資から5年以上が経ちイグジット(出口戦略)の時期を迎えているから」とファンド関係者は説明する。

次ページスシローは二ケタ増収
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。