反攻するすかいらーく、米投資ファンド傘下で活路

反攻するすかいらーく、米投資ファンド傘下で活路

米投資ファンドのベインキャピタルは11月、野村ホールディングス傘下の投資会社などが持つ外食大手すかいらーくの全株式を総額約1600億円で取得する。ファンドがかかわる日本企業の買収としては、2008年のリーマンショック以降、最大の規模だ。

企業コンサルティング発祥でマーケティングなどに強みを持つベインは、米ドミノ・ピザやバーガーキングなどに投資しており、「日本でも小売りや外食の案件を手掛けたかった」(杉本勇次マネージング・ディレクター)。10年10月から野村へアプローチし、1年がかりで実現した。

成長分野に殴り込み 「他社のまね」との声も

外食市場は1997年の30兆円をピークに10年は23兆円と右肩下がり。その中で、すかいらーくの業績は改善が進む(図)。本業の儲けを示す営業利益は10年12月期で131億円と回復。減損損失などで当期純損益は5期連続の赤字だが、どれだけキャッシュフローを生んだかを表すEBITDAは、ライバルと肩を並べる水準だ(表)。「(外食で)これほどキャッシュを生み出せる企業は少なく魅力的だ」(杉本氏)。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT