反攻するすかいらーく、米投資ファンド傘下で活路

反攻するすかいらーく、米投資ファンド傘下で活路

米投資ファンドのベインキャピタルは11月、野村ホールディングス傘下の投資会社などが持つ外食大手すかいらーくの全株式を総額約1600億円で取得する。ファンドがかかわる日本企業の買収としては、2008年のリーマンショック以降、最大の規模だ。

企業コンサルティング発祥でマーケティングなどに強みを持つベインは、米ドミノ・ピザやバーガーキングなどに投資しており、「日本でも小売りや外食の案件を手掛けたかった」(杉本勇次マネージング・ディレクター)。10年10月から野村へアプローチし、1年がかりで実現した。

成長分野に殴り込み 「他社のまね」との声も

外食市場は1997年の30兆円をピークに10年は23兆円と右肩下がり。その中で、すかいらーくの業績は改善が進む(図)。本業の儲けを示す営業利益は10年12月期で131億円と回復。減損損失などで当期純損益は5期連続の赤字だが、どれだけキャッシュフローを生んだかを表すEBITDAは、ライバルと肩を並べる水準だ(表)。「(外食で)これほどキャッシュを生み出せる企業は少なく魅力的だ」(杉本氏)。


人気記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。