スシローと牛角、外食ファンド企業の明暗

ファンド間で明暗クッキリ

 一方のレックス。06年にアドバンテッジがレックスの西山知義社長(当時・現会長)とMBO(マネジメント・バイアウト)を実施。アドバンテッジは株式取得に約460億円投じた。

しかし、BSE(牛海綿状脳症)による焼き肉離れなど本業の不振が長引いているうえ、MBO時の有利子負債の金利負担が加わり、業績は低迷。09年度には「am/pm」の売却損などで187億円の最終赤字。10年度も最終赤字で債務超過は251億円まで膨らんだ。

11年度は食品スーパー「成城石井」の売却で108億円の最終利益を計上したものの、依然として141億円の債務超過だ。06年度に1618億円あった売上高も現在は半分以下の746億円まで縮小している。

今回のディールでは、アドバンテッジは株式を売却せず、通常の貸付金より返済順位が劣るメザニンローンをコロワイドに売却することで一部資金を回収した。トータルの収支はまだ出ていないが、成功案件でないことだけは確かだ。

レックスを傘下に収めたコロワイドは居酒屋「甘太郎」「北海道」、ファミレス「ステーキ宮」などを展開する大手の外食チェーン。11年11月に新たなセントラルキッチン(食材仕込み工場)を建設している。コロワイドの野尻公平社長は「食材の調達や仕込みの共通化で20億~30億円のコスト削減が図れる」と相乗効果を期待する。

次ページすかいらーくは沈黙
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT