ブリヂストンCEO・津谷正明--チーム力で“断トツ"目指す

当社は地域ごとの戦略的事業ユニット(SBU)が自らの戦略を立て、本社が最終判断する仕組みだが、レベルはまだまだ。もっとボトムアップが必要だ。さらに部門最適ではなく、グローバル最適を求めてほしい。それが僕の言うチームワークだ。一見矛盾するようだが、グローバル企業ではグローバル化とローカル化のバランスが重要になる。

7月、本社にイノベーションセンターを立ち上げた。メーカーは技術重視になりがち。同センターでは中央研究所や知財部門と連携して、製品売りとサービスを組み合わせたソリューションビジネスなど、新たな価値を提供したい。またグローバルマーケティング機能も強化した。自動車メーカーのグローバル化が進んでおり、商品や販促面などで、世界で統一した戦略を出したい。

──社長、副社長といった呼称を廃止しました。

新体制のベースにあるのは三権分立。われわれ執行部がいわば内閣。執行責任を負わない荒川が取締役会議長となり、国会(立法府)の役割を負う。そして監査役会が司法。取締役会議長とCEOは役割を明確に分けたほうが、チェック機能も働くし、議論が活性化する。

執行部では僕と西海(COO)はパートナー。僕が社長、西海が副社長では上下関係が生じる。そもそも社長という呼称は日本だけ。グローバルで統一したほうがいい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。