ブリヂストンCEO・津谷正明--チーム力で“断トツ"目指す

──集団指導体制でやりにくい面もあるのでは?

まったくない。これまで当社は個性の強いトップが多かった。入社後社長室に配属されたが、当時は普通じゃない人がたくさんいた(笑)。

でも僕は身の丈に合わないことはしない。自分が間違えているところは、指摘してもらったほうが得。やりたいことは、この会社をいい会社にすることだけ。そして経営は結果がすべてだと思っている。

つや・まさあき
1952年東京都生まれ。76年一橋大学経済学部卒業、ブリヂストン入社。2006年以降、グループCEO室長として荒川前社長を支える。08年取締役常務執行役員、11年代表取締役専務執行役員、12年3月から代表取締役CEO。


(聞き手:並木厚憲 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年9月15日号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。