富士市の産業支援に全国から視察が来るワケ

ノウハウを受け継ぎ、各地に「分身」が誕生

ここで、分身の中でも特に多くの自治体から注目されたのが、天草での事例だ。熊本県南西部、3つの海に囲まれた島々で構成される天草市。人口8万5000人で減少の一途をたどっている。ちょうど1年前の2015年4月、エフビスをモデルとした天草市起業創業・中小企業支援センターAma-biZ(アマビズ、野間英樹センター長)が商店街の一角に誕生した。ここでの成功がほかの自治体へ大きな影響を与えている。2月には豊永厚志中小企業庁長官も訪問し、国からも注目される存在となった。

天草ではセンター長を全国公募

アマビズ設立の経緯はこうだった。ある時、富士市まで担当者が訪れ「天草でもやりたい」と切り出した。「正直戸惑ってしまった」と小出氏は打ち明ける。全国どの街でも成功するという自負はあったが、まったく環境の異なる島での成果は未知数。一方、「キーファクターになるのでは」との予感もあった。年収1200万円の給与条件でセンター長を全国公募。優秀な人材を確保した。地元の期待は高まり、オープニングイベントには500人近くが訪れた。

天草市内の商店街にオープンしたAma-biZ(アマビズ)

評判は口コミで広がり、漁師や農家など一次産業にかかわる人から大手グループ企業の社長まで、あらゆる人が足を運んだ。相談件数は初年度にもかかわらず1500件以上。「予想以上の反響でした。こんなところを待っていた、と言ってくださる人も。異業種がコラボする横のつながりも増えましたね」と内山隆プロジェクトマネージャーは胸を張る。

かつては東京の一流企業でコンサル業務に携わっていた内山氏。天草に移住して1年が経った。「天草は宝島と言われますが、まだまだ埋まっている宝はたくさんある。これは全国どの地域にも共通していることだと思います」と地方創生の可能性を語った。

今、全国各地から大きな注目を集めるエフビズ。これまでにありがちだった一部の職業、地域しか効果が出ない商店街やご当地の”まちおこし”とは根底から仕組みが異なる。小出氏はほぼ毎週末、各地へ講演やサポートに出掛ける。「仕事という感覚はないです。やりたくてやっているので」と話す。その情熱と広い視野に立つビジネス発想が、全国へ伝播するエフビズモデルの真髄であり、これまでの産業支援センターに足りなかった点ではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT