富士市の産業支援に全国から視察が来るワケ

ノウハウを受け継ぎ、各地に「分身」が誕生

静岡県富士市の図書館の一角にあるf-Biz(エフビズ)。キャッチコピーは「日本一高い、チャレンジスピリット」だ(写真:筆者撮影)

富士山が目の前にそびえる、静岡県富士市。製紙業で知られる人口約25万人のこの街に、行列のできる相談所がある。富士市産業支援センターf-Biz(エフビズ)だ。地元だけでなく、飛行機や新幹線を使って遠方から続々と視察者が訪れるという。いったいこの相談所の何が人々を魅了するのか。現場を探ってみた。

場所は市立中央図書館分館の1階にある。どこにでもあるような薄暗い図書館。入り口横には「日本一高い、チャレンジスピリット。f-Biz」と書かれた赤い看板があり、中に入るとぱっと空気が一変した。壁一面に記事が貼られ、熱心にディスカッションする声が響いている。若いスタッフたちは忙しそうに働き、スケージュールを記したホワイトボードは、小さな文字で真っ黒に埋め尽くされていた。

カリスマ支援家が行う究極の地方創生

「よろしくお願いします」。大きな声で明るく迎えてくれたのは小出宗昭センター長(56)。カリスマ支援家と称される人物だ。静岡銀行員だった15年前、創業支援施設SOHOしずおかへ出向したことがきっかけとなり、産業支援施設の開設と運営に携わってきた。

これまでに手掛けた新規ビジネスは実に1200件以上。故郷である富士市から依頼を受け、2008年にエフビズを開設。チーム一丸となった「ワンストップ・コンサルティング」で次々と成果を出し、話題を呼んでいる。公的な施設なので相談料は無料だ。

相談者と真剣に向き合う小出宗昭センター長(右)

「ここで行っていることは、究極の地方創生なんです」

小出氏の言葉が示す通り、エフビズは結果を出し続けてきた。年間の相談件数は4000件以上。そのうち7割が売り上げ向上につながっているという。オフィスの壁一面に貼られている記事は、どれも支援に携わったビジネスにかかわるものだ。エフビズにはいくつものこだわりがある。膨大な経験を基に構築されたノウハウから生まれたものでもある。まず相手を否定しないこと。中には廃業寸前で「何とかしたい」とやって来る人もいる。だからこそ相手を尊重し否定しない。「すごいですね」「もったいないですね」などの言葉で勇気付ける。

そのほかには、おカネを掛けない/オンリーワンを見いだす/具体策を提示する/成果が出るまでサポートする――など、数え切れないほどの“こだわり”がある。「エフビズは病院のようなもの。われわれは中小企業のお医者さんです」と小出氏は例える。

次ページ小出流のコンサルはここが違う
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT